a la Casa Blog

a la Casaのブログです
間仕切りを取り払い、開放感と明るさを確保
大胆な間取り変更により、収納力と採光に工夫を凝らしたお家になりました。
広くなったダイニング。これまであまり活躍していなかった和室を一体的に利用!
これからはお孫さんたちとの大パーティをお楽しみ下さい。
施工前
きちんと片付いたダイニングですが、作り付け家具により閉鎖的で日中も照明が必要でした
施工前
本当は光が燦々と降り注ぐはずのお部屋ですが、あまり活躍していませんでした。
良くありますよね?客間や和室が一番いい場所に有り、使用されていないケース
施工前
敷地も広くお庭の手入れも行き届いています。でも、ここに洗濯物が干せたり、季節の良い時にはお庭を眺めながらのスペースが増築できれば???との奥様のご要望でした。
施工前
一般的な玄関でした。
施工後
まずは玄関にダークブラウンタイルが基調のアクセントウォールでお出迎え
施工後
極めて同化しているので増築したことが分からないかも知れませんが。。。背が高く断熱性も向上したサッシュを設置。
このちょこっと増築はリーズナブルに敷地を有効的に絶対利用できます。
施工後
二室有った和室の一室をダイニングスペースに!以前はダイニングだった場所にカウンターキッチンを設けたことで閉鎖的だったキッチンスペースが開放感たっぷりになりました。
施工後
和室との一体感、このスペースが以前は和室だとは思わないですよね?中央にある壁は電話置き場、下部はパソコン用のモデムやルーター置き場、壁にはお薬やカレンダーを貼っていただくスペース兼、構造上重要な耐力壁なのです。

施工後
以前のキッチンスペースは大型のパントリーとして活躍、吊り戸やタイルは再利用

施工後
最後にこちらのキッチン、左右で高さの違いがお分かりですか?そうなんです。コンロ側は高さ850mmシンク側は高さ900mm長身の奥様に合わせて使いやすいように高さを変えました。

このように、様々なご要望に最大限お応えできるように努力を続けています。是非、ご家族構成の変化や持て余したお部屋でお悩みの際は一度ご連絡下さい。
| - | 00:30 | - | -
さんちか(三宮地下街)が開業50周年を迎え、リニューアルが進められてきました。
クリックして下さい。大きくなります。
神戸人にとって、さんちかのリニューアルは大きな意味があります。
震災を無事に乗り越え、神戸の街の発展と共に過ごしてきた地下街
その全面的な改装工事の一端をアラカーサもお手伝いさせて頂きました。
神戸の名店、萩原珈琲さんのさんちか店もこの機会にリニューアルされました。
椅子のシートカバーはこれまでの黒い合皮からダークグレーの布製に変更
シックで落ち着いた雰囲気はそのままに、より素敵な空間へと生まれ変わりました。
是非、さんちかへお立ち寄りの際は萩原珈琲さんでコーヒーブレイクをお楽しみください。
| - | 21:35 | - | -
マンションの大規模改修
施工前
コンクリート打ちっぱなし仕上げの部分の劣化、クラックからの錆もひどく、タイル部分も剥離が激しかった。
施工後
全てを改善しガラスの腰壁は全てアルミ製のパンチングメタルに変更。汚れもなくなり、美しい建築当時の姿へとなりました。
| - | 17:23 | - | -
リビングと一体で使えるサンルーム
お庭は広いのですが
外からの目線が気になってカーテンを閉めっぱなし!
何か良い目隠しの方法は無いものかとお考えだったお施主様。
リビングの前のスペースにサンルームを作ることで
リビングの一部としても、目隠しとしても、窓の雨避けとしても
活用いただけるようになりました。
施工前

施工後


真夏もシェードをすると、意外と熱くないです。

お施主様が自ら作られたカーテン。
素晴らしい、デザイン!かわいいです。
この中で、これからはお得意の洋裁がますます楽しんで頂けそうです。
| - | 11:39 | - | -
バルコニーを有効活用 増築です!
今回の物件は使われていなかったバルコニーを有効活用!
一部を増築することで生まれた空間を
なんと猫ちゃんの遊びとトイレのスペースに変更
もう一か所のバルコニーは収納スペースに変更
これは建築当初から奥様の念願だったそうで、
様々な奥様のご要望をぎっしり詰め込んだ今回の増築にご満足いただけたようです。
施工後
| - | 11:26 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE